ふくしま移住希望者支援交通費補助金をご活用ください!

首都圏からの近さや豊かな自然、温かい人柄などに魅力を感じた方だけでなく、東日本大震災や原発事故からの復興のために新しいことに挑戦したい方からも、移住先として福島県が選ばれています。人生の新たな一歩を踏み出すために「自分がいかせる場・福島」を訪問するための交通費を補助します。
ふくしま移住希望者支援交通費補助金チラシ ダウンロード(.pdf)

対象者

20歳以上で原則として首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)にお住まいの方のうち、近い将来福島県内への移住(二地域居住を含む)を希望または検討している方。

対象となる現地活動

福島県内での生活環境、事業実施可能性などの相談・調査、就職のための企業訪問、空き家などの住まい探しなど
【必ず訪問する場所】※どちらも訪問する必要があります
①移住を検討している市町村(市町村の移住相談窓口の担当者、福島県移住コーディネーターや福島ふるさと暮らし案内人など)
②民間事業者(就職や就農等の面接埼、不動産事業者、福島県内に移住して各種活動をしていく上で連携を想定している人など)

補助額

次の(A)(B)の合計額の2分の1 (1人当たり上限1万円)
(A)出発地(原則として自宅)から福島県内の最初の目的地までの交通費
(B)福島県内の最後の目的地から帰着地(原則として自宅)までの交通費
※レンタカー、タクシー及び自家用車に要する経費は対象外
※同一生計の家族については、複数人数分交付可能

申込手順

1出発日の15日前までに、予定を記入した「現地活動計画書兼報告書」を作成し、
福島県移住推進員へ電子メールで提出する。
2出発日の5日前までに移住推進員と面談。
※面談場所は別途連絡(都内指定場所)。計画内容が日除菌の交付要件に合致するか確認。
3福島県内で現地活動を実施。
4帰着日の10日後までに、実績を記入した「現地活動計画兼報告書」を作成し、
福島県移住推進員へ電子メールで提出する。
※補助金の交付要件に則って現地訪問が行われたかを確認し、申請者に連絡します。
5帰着日の30日後(又は3月15日のいずれか早い日)までに、
「交付申請書」(及び領収書などの必要書類)を提出する。※提出先は下記
6福島県から補助金を交付する。

〇申込手順に関する資料はこちら   申込手順ダウンロード(.pdf)

申請に必要な様式と提出(送付)先

申請に必要な様式「現地活動計画書兼報告書」・「交付申請書」は福島県ホームページからダウンロードしてください。

【提出(送付)先】
〒102-0093東京都千代田区平河町2-6-3(都道府県会館12階)
福島県東京事務所あて
TEL:03-5212-9050(福島県東京事務所)
E-mail: iju_tokyo@pref.fukushima.lg.jp